chevrolet_ultimus_01
謎すぎる車1965年シボレーUltimus。まず見た目から、車の概念をぶっ壊すルーフ。丸美を帯びた流線型といったレベルじゃない、ドーム型と言うべきだ!これがそのまま窓にもなるので、エアコンが壊れたらビニールハウスになるだろう、走りながら窓を開けれないから。そしてマフラーに至っては何本あるのってくらい沢山ある。そうなると気になるのは内装ですが、テレビに電話と50年前の車とは思えない豪華な装備です。ステアリング(ハンドル)を見てほしい、丸い形はダサいと言わんばかりの操縦桿が付いている、もはや車ではなく飛行機だ。シートは座り心地より奇抜さを優先した謎の仕様、スケベ椅子といった感じだろうか。どういったコンセプトで作られた物なのかよく解りませんが、貴重な車なのは間違いありません。
chevrolet_ultimus_07
chevrolet_ultimus_06
chevrolet_ultimus_04
chevrolet_ultimus_02
chevrolet_ultimus_03
chevrolet_ultimus_05
chevrolet_ultimus_08
chevrolet_ultimus_09