enough

スチームパンクでめちゃくちゃごっつい!100年以上も前に活躍した蒸気機関のトラクター。見よこのド迫力!!19世紀から20世紀初頭に広く用いられた蒸気機関の農業用トラクター、威圧感がハンパないぞ!石炭を燃料にするため火花をスパークさせながら走ます。

モロッコにあるアガディール・ワニ園でワニがゆっくりと細い水路へと侵入。そこはまるで遊園地のような傾斜と段のある水路で重力に任せて川下りをしているような光景が納められています。スリルを楽しんでいるワニの様子をご覧ください。完全にウォータースライダーですね。こっちの池からあっちの池まで、一気にドボン!実に気持ちよさそうです。

chevrolet_ultimus_01
謎すぎる車1965年シボレーUltimus。まず見た目から、車の概念をぶっ壊すルーフ。丸美を帯びた流線型といったレベルじゃない、ドーム型と言うべきだ!これがそのまま窓にもなるので、エアコンが壊れたらビニールハウスになるだろう、走りながら窓を開けれないから。そしてマフラーに至っては何本あるのってくらい沢山ある。そうなると気になるのは内装ですが、テレビに電話と50年前の車とは思えない豪華な装備です。ステアリング(ハンドル)を見てほしい、丸い形はダサいと言わんばかりの操縦桿が付いている、もはや車ではなく飛行機だ。シートは座り心地より奇抜さを優先した謎の仕様、スケベ椅子といった感じだろうか。どういったコンセプトで作られた物なのかよく解りませんが、貴重な車なのは間違いありません。

ordinary_day_on_the_streets_01
いくらなんでも無茶しすぎだろってくらい車やバイクにいろんなものを積み込んだ写真。原付で大型テレビを運ぶヤツ、風に煽られたらどうするのだろう?車の荷台にそれよりもデカい荷台を積んだり、ピックアップにソファーを高く積み上げその上でコーラを片手にくつろぎながらドライブをするヤツとか...。それ以外に路上で出会った変な車も多数あり。とにかく路上は驚きに満ちています。

ホバーボードの開封動画を作成し路上で試し運転した投稿者、しかし実際はピクリとも動かないまま突如炎上、騒ぎに発展したレビュー動画。ホバーボードは体重移動することで移動できる、ハンズフリーなボード型の電動マシン。BuleBritishという名前でYouTuberとして活動するStephen Leenottさんが、eBayで購入した2輪のホバーボードの開封をし一晩充電。翌日、いよいよ乗るぞ!と意気込みますが、ピクリとも動きません。そうこうしているうちに何やら白い煙が...。すると突然「ボワッ!」と急に炎上。驚いたLeenottさんは思わず飛び上がります。動くどころか猛烈な勢いで発火してしまうという事故に発展。大事には至らなかったが思わぬレビューになったようです。他にもホバーボードが発火した瞬間をおさめたムービーがいくつか投稿されており、発火の恐れのある製品が出回っている模様。中国製などの安価なものにはよく注意した方が良さそうです。

元ブラジル代表、ロシア・ゼニト所属のフッキが見せたトリッキーなPKをご覧ください。並外れたパワーとその顔つきから超人ハルクと呼ばれ愛されているフッキ。Jリーグでプレーしたことから日本でも馴染みの深い選手の一人です。そんなフッキがパワーだけでなくトリッキーな仕掛けでPKを決めた動画をご覧ください。シュートを決めた後、歓声とともにチームメイトが駆け寄って祝福、どうやらお茶目なキャラでロシアでも愛されているようです。

シッカリしろよ!!って言いたくもなる“のろま”な兵隊さんがいたので紹介します。徴兵制度があるイスラエルで2人組の兵士が壁を登ろうとしている様子が映し出されています。一人目は難なく登ることに成功、しかし二人目が厄介なことになります。壁の高さは目算ですが170~180センチぐらい、装備も重いので難しいとは思いますが、何度挑戦しても登れません。普段から体を鍛えていないのでしょうか、見ていてイライラしてきました。一段下がったところに足を掛けるのですが、ここからどうすることも出来ず断念。しかもこんなことを何度も繰り返すありさま。最後はやり方を変え頭から突っ込み、なんとか登ることに成功したようです。

ベルギー、ブリュッセルの南西14km、シント・ピータース・レーウという小さな町にある欧州最大の家電量販店メディア・マルクトストアで、好きなものを好きなだけ買える夢のようなイベントが開催された。ルールはショッピングカートは使ってはダメ、制限時間は100秒以内。カウントダウンが始まり息を整えるチャレンジャー、スタートとするとテレビコーナーに向かって猛ダッシュ!!大型テレビをカート代わりに使い複数のiphoneをゲット!さらにMac Bkookも3台手に入れた。続いてコピー機を手に入れ、ゴール近くの商品を片っ端から放り込む荒業を披露。最終的に彼は€24515の買い物に成功しました。

Muzzle loader explodes at gun range
机の上に置いてあった火薬に、おそらく火薬の燃えカスが落ちて一気に爆発する……という恐ろしい動画です。現代の銃は弾薬をカートリッジに詰めて持ち運ぶものが主流ですが、昔の銃はマズルローダーといって、銃口(マズル)から弾を装填するタイプの銃が主流でした。で、この動画を見てください。ちょっとした火花でも火薬に引火したら大変なことになるのですね。いかに現代の銃が安全になったのかが分かります。

17305_952008901506006_5839673571013114783_n__880
雨降りの日、車のフロントガラス越しに見た風景を描いたリアルな絵と作業風景をご覧ください。アイルランド出身のFrancis McCroryさん32歳は数々の賞を受賞し各地で展示会を開催している注目の若手アーティストです。フロントガラスに吹きつけられた雨粒が横に流れていく様子や、その先に霞む風景は驚くほどリアルで、写真と見間違えるほど。雨音やワイパーの音まで聞こえてくるようだ。

今まさにソファーから飛び降りようとしているフレンチブルドックをスローモーションで捉えた動画です。首をブルブル振るわせ気合を入れたフレンチブル。いよいよジャンプ!と、ここでドーベルマンがフェードイン!!なにぃーっ!?突然の出来事にパニクったフレンチブルの顔をご覧ください。

誰よりもボールを空高く飛ばすデブをご覧ください。アクロバティックな方法でボールを飛ばすデブ、特に肩を鍛えたわけではない、ただ体を肥えさせただけだ。ボール抱えて水中に飛び込み浮力を利用して天高くボールを飛ばす。まるでロケットのように弾けたボールは上空で黒い点にしか見えなくなるほど飛ぶのでした。

costa_concordia_01
2012年1月、豪華客船コスタ・コンコルディア号(全長290メートル、重さ11万4500トン)がイタリアのジリオ島付近で座礁事故を起こした。この事故により32名が死亡。事故後、船長が乗客より自身の脱出を優先し、その後も救助放棄とも言える不誠実な対応をしていたことに世界中から非難を浴びたことは記憶にも新しい。あの事故から4年コスタ・コンコルディア号の内部写真が公開されました。

makeup_01
アンチエイジングの逆がキテるかも!?とても3歳には見えない、老婆化した少女をご覧ください。おでこの皺、ほうれい線、目のくぼみ、メイクだけでここまで年を取らせることができるんですね。この写真がツイッターに投稿されて5日間で57000のいいね、そして43000回もリツイートされています。可愛いおばあちゃんメーク、皆さんもやってみたくなりませんか?